結露の話

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 結露の話

名古屋では、昨日大雪が降りました。寒くなりましたね~。どこのご家庭も暖房を入れていることと思います。もうテレビなどで随分と紹介されていますから、石油ストーブの上にやかんを乗せてる方は少ないと思いますが...灯油やガスのように有機物を燃やして暖を採る場合、水蒸気が発生しますから、それだけでも結露の原因となります。最近の気密住宅では、空気の逃げ場のない分、しっかりとした対策(断熱を含め)を考えておかないと、激しい結露にみまわれることになります。
ガラス面やサッシ部分の結露は、それに応じたサッシを使うことになります。ペアガラス・断熱材を挟んだサッシ・プラスチック製のサッシ等、いろいろ出ていますので、好みと予算に応じて選ぶことになります。引き違いのサッシの場合、従来のクレセントによる戸締りですと、すき間風が入り、その部分の温度が低下します。しっかりした金物のついたものを選ばなければなりません。
壁の結露対策としては、まず十分な断熱材を入れて、室内の空気が壁に当たった際、冷やされないようにすることです。鉄骨住宅の場合、鉄骨部分の断熱材が薄くなりがちで、そこの部分が結露しやすくなり、カビが発生することもありますから、十分に注意してください。
暖められた空気が、壁際で停滞しないようにすることも大事です。家具の裏側などは空気が停滞しやすいので、ある程度間隔を空けて置いて下さい。押入や収納の中なども停滞しますので、時々開放してあげるとよいでしょう。壁やサッシの方から空気を対流させてやるのも一つの方法です。
寒い地方に行くと、サッシには結露防止用のヒーターが下に設置されていたりもします。それほど冷え込まない地方でも、暖房やエアコン設備を設置する際に、結露をしにくい形で設置することも大切なポイントとなります。
住まい雑感のページ

Comments are closed.