「故郷」としての「home」

Share on Facebook
[`tweetmeme` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「故郷」としての「home」

PICT0008.jpg「home」には、「故郷」という意味もあります。「うさぎ追いし..」 で始まるあの歌では、歌詞の1番で故郷の自然を懐かしみ、2番で故郷の人々を思い浮かべています。つまり故郷には「空間」と「人間(社会)」の両方が関係してい て、当然、過去を思っているわけですから、「時間」というものも関係しています。
そうしたことを意識して、「home」としての家を考えたとき、部屋などの空間としての故郷であり、同時に、共に生活をする人々といった意味での故郷でもあわけです。「home」はまさに、小さな故郷なのです。そしてそれは、人生において最初出会う空間であり、最初に出会う人々ということで、最も根源的な故郷と言えると思います。
「住まいは故郷」...それが、住まいを考える上で、最も大切なことだと思っています。今、住んでいる家が故郷になれば、家族や子供のトラブルなんかも、解決しやすくなるからです。
共通の感覚、あるいは、共通の感性といったものが、故郷によって培われ、それが、世代や立場を越えて、問題解決の糸口になるのではないでしょうか。

[2002.12]

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
7514968.gif
スタジオ・イカルスのサイト

Comments are closed.